厳寒地のミニマルな生活はなかなか難しい

クローゼットのミニマル化に挑戦し続けていますが、最近少し停滞期に来ています。
私は自分ではほとんど服を買っていないのですが、私の叔母がとても衣装もちでシーズンごとに服を買っては服を売りに出していて、
私も譲り受けるものが沢山あって、貰うものは全部、Y’sやY-3などの高価なブランドのもので私も好きなデザインの物ばかりなので、
今では、叔母に譲り受けた服がほとんどで、どれも手放すことが難しくなっています。
それでも母に譲ったりしているうちに少しづつ手放せているのですが、私の目標は2シーズンで15着×2の30着くらいまで抑えることなので、
そこに至るまでは、まだしばらくかかりそうです。
よくミニマリストの方々のクローゼットを拝見しますが、皆さん多分私よりも暖かい地方に住んでるんでしょう。私は雪の積もる厳寒地に住んでいるので、
その方々よりは、どうしても持つべき服が増えると思います。
冬はダウンが絶対いると思うし、服の中に着るインナー類も洗い替えなど考えるとそれだけでタンス一段埋まってしまいます。
そう考えると、本当のミニマリストになるには多分それなりに暖かい地方に住む必要があるのかもしれません。
でも、私は私なりに、目標の量に近づけるように、できれば、クローゼット一つに服が収まるくらいに減らしていきたいです。
服のミニマル化も大変ですが、その他の特定の季節しか使わないもののミニマル化も大変です。
リゾート地に度々行くことがあるので浮き輪やシュノーケルなど、とてもかさばりますし、帽子やマフラーなどもなかなか減らせません。
減らせないものばかりですが日々研究して、少しでもスッキリとした空間づくりを心がけています。
一度思い切って収納を減らしてみたら少し減らす努力も変わるかなと思ったりします。

今年の夏はパイレーツ好きの為にある?!

大人気シリーズのパイレーツオブカリビアンが、今年の7月1日に第5作目、最後の海賊が公開されるということは知っている方も多いかと思います。ウィルやエリザベスも出演するとのことで、楽しみにしている方も多いでしょう。最新予告も来ましたし、もう今からわくわくしています。ただパイレーツの夏はこれだけではありません!パイレーツと言えば…そう、ディズニーです。東京ディズニーシー・ランド共にパイレーツのイベントを、映画が公開される夏に開催します。大々的にやってくれるのはシーの方ですね。テーマからパイレーツですから、パークデコレーション、ハーバーショーやグッズ・メニュー等パイレーツづくしとなります。ショーではジャックだけではなく、バルボッサも出演するとのことで、注目を集めています。ランドはカリブの海賊で、パイレーツのスペシャルプログラムを実施するそうです。アトラクションに乗ると地図がもらえて、謎解きプログラムが出来るそうですね。また、デコレーションやフォトロケーションを設置してくれるとのことです。ジャックが登場するアトモスフィア。エンターテイメントも実施するとのこと。これは昔もやっていたのですが、いつの間にか出てこなくなったやつですね。復活するとのことで楽しみにしています。ということで、パイレーツオブカリビアン好き&ディズニー好きには、楽しみすぎて震える程嬉しい、待ち遠しい夏となっております。夏は基本的に苦手で、ランドとシーどちらも行くことは少ないのですが、今年はパイレーツ好きとして行くしかないと思っています。

アメリカで過ごす文化違いな感謝祭

私はアメリカで日々を過ごすようになってからここでの面白い文化をたくさん学びました。
控えめな日本と派手なアメリカの文化を比べながら色々考えさせられています。
一番お気に入りのアメリカの文化がハロウィンの後にある感謝祭(サンクスギビング)です。
大半の人はこの日を家族や友達と豪華なご馳走で祝います。
私達が行うサンクスギビングは少々大規模で遠い親戚の方までいらっしゃいます。
サンクスギビングで出る定番料理は七面鳥、マッシュポテトとグレービーソース、スタッフィング、コーンブレッド、パンプキンパイといった感じです。
1日では食べきれないぐらい作るので数日かけて残り物をアレンジして食べます。
主婦の方はサンクスギビングの次の日から手抜き料理でよくなるので嬉しい祝日ですね!
みんなでご馳走を囲んで食べる前に何に感謝をしているのか一人ずつ言って最後に神にお祈りをします。
私はいつも大好きな家族と美味しいご馳走を食べれる事に感謝しています。
感謝している事を言葉に出すのはとても大事で素敵な事だと思います。
この文化を是非日本にも広めていただきたいです。
そして翌日は食べ過ぎたお腹を休めるためにお家でゆったり…というわけにもいきません!
ブラックフライデーといった大セールの始まりです。
ショッピングセンターには長い列が並び開店同時にお客様がバーッと入ってきます。
クリスマスも近いのでみなさんはこのセール期間中にプレゼントを買います。
アメリカではよく家族で集まる祝日がありとても楽しいですが忙しくて大変です。

無印良品の「化粧水・敏感肌用(高保湿タイプ)」が凄い

以前に無印良品の化粧水の評判が良いと聞いてから、ずっと気になっていたので最近購入してみました。
特に「化粧水・敏感肌用(高保湿タイプ)」がおすすめとのことで見つけ次第迷わず購入。200mlで666円、400mlで1142円とお値段的には他の化粧水に比べるとリーズナブルで、けれどだからこそ値段に見合った程度なのではないかと不安に思う部分もあったのですが、実際に使い始めてみるとそのコスパの良さにびっくりしました。
お値段的にはリーズナブルでありながら、保湿力はかなり高い方であり、量を気にせずバシャバシャと使えるところもとても良い。洗顔後の保湿に使うのはもちろんのこと、コットンにたっぷりと染み込ませてパックとして使えるのも有り難いという使い勝手の良さに感動しました。
確かに高価な化粧水と比べた場合、保湿力は劣るかと思います。けれど上記にも書いた通り、無印良品の化粧水はその値段の安さ以上の保湿力、そして使い勝手の良さが何よりも魅力的です。私は敏感肌で化粧水によっては肌がぴりぴりとしてしまうこともあるのですが、この化粧水はとても成分自体がシンプルなこともありこれまで一度の肌トラブルもなく使えています。使い始めてから肌の調子もとても良くなり、今では常に数本ストックしている程のお気に入りになりました。
安いからこそ量を気にせず使うことができ、保湿も十分にしてくれますので、敏感肌でどういった化粧水を選べばいいのかと困っている方にはぜひともお勧めしたい商品です。

あっという間に、乳歯が抜けちゃった!

一年生になる娘は、年中のころから乳歯が生え変わっていました。同級生の中でも早く抜けている子だったので、逆にちょっと心配になった時もありました。
最初の1本目の時は、「どうしよう。歯が、グラグラする。明日、幼稚園に行きたくない。」と、毎日のように泣きながら訴えてきてました。
寝ている間に抜けたらどうしよう。給食食べている時に抜けたらどうしよう。不安になるのもわかるけど、こればかりはママにもどうしようもないのよね。
友だち同士でも歯の抜け方の情報交換をしているようで、「〇〇ちゃんは、舌で押したら抜けたんだって。」と興奮気味に話してくれたのには、笑っちゃいました。
泣いていたのは最初だけで、1本2本と抜けてくると自分の指で触ってみたりとやりたい放題。車を運転している時に、後部座席から「抜けたよ!」と血だらけの歯を見せてくれたりね。
まだ1本も抜けていない男の子が、グラグラになったままの状態が続いるからどうしたらいいのか。と娘に相談してきたそうです。
さて、娘はなんと答えたでしょうか。正解は・・・「ハイチュー食べると、抜けるよ。」でした。
たしかに、先週ハイチュー食べてたら歯がひっついて抜けてたけど、それって正解なの?
その男の子のママは歯科衛生士だから、なおさら恥ずかしいお答え。
泣き虫さんだった娘も、歯が抜け変わるたびになんだかたくましく成長しているようにも感じてます。
あとは、歯並びが心配だな。かみ合わせが上下逆になってそうなんです。それに、歯と歯の隙間もないからきれいに生えそろうかも心配。
できることなら歯の矯正もしてあげたいけど、親としては治療費の心配もしちゃいます。

京都を短時間で楽しんだ私達の観光ルート。

先日、知り合って8年、大の仲良しの友達と2人で京都へ行ってきました。
時間指定の格安切符を利用した為、滞在時間に限りがあり5時間程度と短い時間ではありましたが、色々なところを巡ることができて、充実した時間を送ることができました。
まず、始めにいったのは「京都鉄道博物館」です。
ここには引退した新幹線や特急電車、SLなど様々な種類の電車とともに日本の鉄道の歴史に関する資料が展示されています。
目の前で見る本物の電車はとても迫力がありました。
それほど電車に興味のなかった私でもはしゃいで写真を撮りましたし、お土産もたくさん購入しました。
友達は、私以上にはしゃいでいたと思います。
そんな姿を見て思わず笑ってしまいました。
次にむかったのは東寺です。
博物館から東寺までは徒歩10分ほどと、とても近い距離にあります。
東寺には多くの仏像が収められていて、そのほとんどが国宝です。
どれも繊細でありながら迫力のある美しい仏像で思わず見とれてしまいました。
日本人だからかどうなのかはわかりませんが、仏像を見ているとなんだかホッと安心した気分になります。
おかげで終始おだやかな気分で拝観することができました。
これらを見ているとあっという間に時間は過ぎ、あと30分ほどで京都を発たなければならない時間になってしまいました。
楽しい時間は過ぎるのが本当に早いです。
それが大好きな友達とですから尚の事。
次回はもっとゆっくりと観光できたらいいなと思っています。
もちろん大好きな友達と一緒に。

春なので恋愛活動が始まりました

春になり、子供たちは、また、一つ学年が上になりました。今年、中学生になった娘は、そろそろお年頃になり、恋愛について、お話するようになったのです。いろいろお話を聞くうちに、私も面白くなり、クラスの様子が分かるようになっています。
すると、たまたま、横断歩道を渡ろうとすると、子供の学年の男の子と女の子が、2カップル、信号待ちをしています。見ないようにして、知らんぷり。気づかれると面倒です。後で、子供に話、クラスのお子さんが恋愛活動をしていたことを伝えました。
男の子は、少し照れくさそうです。女の子は、堂々としています。先に、去年からお付き合いしているカップルがいて、そこまでの雰囲気を醸し出すことは無理なようです。まだ、始まったばかりなのでしょうか。
先輩の中には、部活の帰り、彼氏が待っていて、一緒に堂々と手をつないで帰る人もいるくらいです。とても堂々としていて、男の子がもてるので、私の彼よとアピールする帰りの道のりだったのでしょう。
それが、一年一年、下の学年に伝わっていき、この間見かけた2カップルになったのです。
カップルも気が合う合わないがあるようで、あっという間にお別れしたり、長かったりと、いろいろですよね。
去年の先輩に、ずっと付き合っているカップルかと思いきや、卒業直前にお別れしていて驚いたというケースもありました。女の子は未練タラタラでしたが、男の子は、来るもの拒まずという姿勢だったように思います。

普通に生活していて、涙腺がゆるみまくる30代

最近、本当に涙もろくなった。昔は「泣ける!」と謳った映画などを見ても涙一つ出てこなかった自分が、最近は日常の至る所で涙腺をゆるませている。
ターニングポイントは子供を産んでから。子供を産んでからというもの、何の気なしにテレビなどを観ていても、子供が出てくるものには無条件に泣いてしまうようになった。特に、子供が何かに一生懸命になっている姿や、子供なりに考えて行動している一面を見た時などは完全にアウトである。今もこうして書いていて、思い出し泣きしている有り様である。
ついこの間は子供と一緒に観に行った子供向け映画で、子供が楽しそうに観ている横で号泣してしまった。子供にバレると心配されるので気づかれないようにを隠して目をこするふりをして涙を拭いたりと結構大変である。
自分でもびっくりした涙腺ゆるみのシチュエーションは、息子の授業参観で、子供達が並んで合唱している姿を見ていた際にうるっときてしまった時だ。他の保護者の方の目もあったので、とにかく涙が出ないように必死に耐えたが、あれには正直困った。後々自分なりに分析してみた結果、一生懸命歌っている子供達を見ながら「これからここにいる子供達はこの先どんな人生を歩んでいくんだろう」などと感慨にふけっていたことと、その時子供達が歌っていた歌(知らない歌だったがとにかく励ます系の歌だった)のメロディーとが相まって感情が高ぶってしまった結果であろうと判断した。
ここ最近は「感涙必至!」などという映像作品は全くもって観る気に気にならないのだが、日常生活を送っているだけで不意打ちで涙が出てくる場面が年々増えていくのは、やはり自分が年を取ったということなんだろうなと感じながら、日々涙腺をゆるませている。

乾燥しがちな唇のケアに便利なもの

唇は意外と乾燥をしてしまう部分だと思います。
間違ったケア方法を続けてしまうとずっとカサカサしたままになってしまいます。
定期的に唇専用のシートパックを使っています。
これを使うと本当に唇がプルプルの状態になるのです。

普段のケアとして使っているのが、ヴァセリンのリップバームです。
ヴァセリンの成分のほとんどがワセリンなので、乾燥をしないようにケアをすることが出来ます。
日中使ってしまうとちょっとベタつきが気になる感じがするので、夜寝る前に使うようにしています。

寝る前に使えば、潤いもしっかりと閉じ込めてくれますし、朝の唇がプルプルな状態になります。
これで乾燥をある程度は防ぐことが出来るようになっています。

インターネットで検索をすると様々なケア方法があることが分かるのですが、自分に合う方法なのかどうか、ということは別の問題だと思います。
自分で出来そうな方法でケアをすることが一番大事なんじゃないかなと思います。

市販のリップパックを使うのもいいのですが、はちみつを使ったケア方法もあると聞いたことがあります。
はちみつも保湿には最適なものなので、安全ですし、効果も高いようです。
はちみつをくちびるにたっぷり塗り、その上からラップを被せておくだけで乾燥を防ぐことができます。

潤いのある唇にするためには、自分に合うケア方法を見つけ出すことが大事だと思います。
ヴァセリンのリップバームは本当に使い勝手もよく、効果があるので助かっています。

セルフタンニングアイブロウを使ってみた

暑い季節、どれだけ朝眉毛をきれいにかいても、気が付くとかいた眉毛が落ちていることが多い私(特に眉尻)。
現場作での作業の多い仕事をしているので、昼休みトイレの鏡にうつる自分の顔をみて、眉尻がすっかり消えて(しかも左眉が特に消えやすい)ひどいアンバランスになっているのを見て絶句することがしばしばでした。
今「眉ティント」なるものが流行っているようで、ネットで調べてみたのですが、眉に塗ってしばらくしてからはがす、その「塗る」のがどう見ても不器用な私にはうまくできそうになく、YOUTUBE動画などを見つつ検討してみましたがやはり無理だなとあきらめていました。
そんな時に、「セルフタンニングアイブロウ」なるものの存在を知り、これならできるかもと購入してみました。
”メークソリューション セルフタンニングアイブロウ”と言います。細い細い筆ペンのようになっています。メイクを落とし、洗顔後しっかり顔の水分を拭いてから、少しづづかきます。大胆にかいてはみ出ると色が取れない気がする小心者の私は本当にちょっとづづ、大きな鏡とにらめっこしながら重ねてかいています。
その後数時間して乾いたなと思ったときに(軽く指で触ってみて色がつかなくなったとき)、眉以外の部分に化粧水やクリームを塗り、就寝。
翌日普通に洗顔します。
「消えない」とまでは言えませんが1/3程度は残っている!朝のメイクは水や汗に強いタイプのアイブロウペンシルでチョイチョイと書き足すだけで充分。
日中汗をかいてもうっかり顔を拭いても眉尻は残っている!
あーどうしてこれを早く試さなかったのだろう。毎日帰宅後鏡を見ながら思う私です。