セルフタンニングアイブロウを使ってみた

暑い季節、どれだけ朝眉毛をきれいにかいても、気が付くとかいた眉毛が落ちていることが多い私(特に眉尻)。
現場作での作業の多い仕事をしているので、昼休みトイレの鏡にうつる自分の顔をみて、眉尻がすっかり消えて(しかも左眉が特に消えやすい)ひどいアンバランスになっているのを見て絶句することがしばしばでした。
今「眉ティント」なるものが流行っているようで、ネットで調べてみたのですが、眉に塗ってしばらくしてからはがす、その「塗る」のがどう見ても不器用な私にはうまくできそうになく、YOUTUBE動画などを見つつ検討してみましたがやはり無理だなとあきらめていました。
そんな時に、「セルフタンニングアイブロウ」なるものの存在を知り、これならできるかもと購入してみました。
”メークソリューション セルフタンニングアイブロウ”と言います。細い細い筆ペンのようになっています。メイクを落とし、洗顔後しっかり顔の水分を拭いてから、少しづづかきます。大胆にかいてはみ出ると色が取れない気がする小心者の私は本当にちょっとづづ、大きな鏡とにらめっこしながら重ねてかいています。
その後数時間して乾いたなと思ったときに(軽く指で触ってみて色がつかなくなったとき)、眉以外の部分に化粧水やクリームを塗り、就寝。
翌日普通に洗顔します。
「消えない」とまでは言えませんが1/3程度は残っている!朝のメイクは水や汗に強いタイプのアイブロウペンシルでチョイチョイと書き足すだけで充分。
日中汗をかいてもうっかり顔を拭いても眉尻は残っている!
あーどうしてこれを早く試さなかったのだろう。毎日帰宅後鏡を見ながら思う私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です